バカラでマーチンゲール法を使って勝つ方法!勝率とリスクを検証してみました | WIKICASI

攻略情報

バカラでマーチンゲール法を使った場合の勝率を検証してみました。マーチンゲール法は負けた時にベットを2倍にする手法で、一度勝つと今までの負けを全て取り戻すことができます。マーチンゲール法はバカラにおいて攻略法になるのかどうかは、連敗のシミュレーションで読むことができます。今回はマーチンゲール法とバカラの相性を調べてみました。

バカラのマーチンゲール法とは?

マーチンゲール法は、負けている時に使う攻略法です。

「負けた時にベットを2倍にする」という方法で、勝つまで回数ごとにベットを2倍にしてひたすら賭け続けます。とってもシンプルな手法ですが、一度の勝利で負けをすべて取り戻すし儲けもだすことができます。

ただし、この方法は賭け金が2倍ずつ増えていきますので、負け続けていると賭け金がどんどんふくらみますのである程度軍資金が必要になります。賭け金が大きくなりすぎて軍資金がなくなり、途中でゲームから降りると賭け金はすべて没収されます。

今回はバカラにマーチンゲール法を使った時の勝率やメリットやリスクなどをシミュレーションでご紹介したいと思います。

バカラでマーチンゲール法を使った場合

バカラとは、トランプゲームのひとつで、「プレイヤー(PLAYER)」と「バンカー(BANKER)」のどちらかにベットし、当たれば配当が2倍になります。

プレイヤーとバンカーのどちらかに賭けますので、当たる確率は50%と思うかもしれませんが、実はバンカーの方が少々有利とされています。

バカラの当たる確率

  • バンカー:45.86%
  • プレイヤー:44.62%
  • タイ(ドロー):9.52%

まず、バカラでマーチンゲール法を使って「プレイヤーに賭けている」時のシミュレーションを見てみましょう。

マーチンゲール法のシミュレーション

シミュレーションは、プレイヤーに「1ドル」から賭けます。また、配当は「2倍」、プレイヤーに賭けます。プレイヤーの負ける確率は「55%(勝率45%)として計算します。

シミュレーション内容

  1. プレイヤーに賭ける
  2. 1ドルからスターと
  3. 2倍配当
  4. 負ける確率55%(勝率45%)で計算
  5. 10連続

マーチンゲール法シミュレーション1

試行回数 賭け金
(賭け金の合計)
配当 利益 負ける確率
(勝率)
1回 $1
($1)
$2 $1 55%
(45%)
2回 $2
($3)
$4 $1 30.2%
(69.8%)
3回 $4
($7)
$8 $1 16.6%
(83.4%)
4回 $8
($15)
$16 $1 9.1%
(90.9%)
5回 $16
($31)
$32 $1 5.0%
(9.5%)
6回 $32
($63)
$64 $1 2.7%
(97.3%)
7回 $64
($127)
$128 $1 1.5%
(98.5%)
8回 $128
($255)
$256 $1 0.8%
(99.2%)
9回 $256
($511)
$512 $1 0.4%
(99.6%)
10回 $512
($1023)
$1,024 $1 0.2%
(99.8%)

シミュレーションの配当に注目してください!どんなに賭けても利益は「1ドル」ですね。つまりバカラでマーチンゲール法を使っても利益はずっと変わらないということです。

シミュレーションは1ドルからスタートしましたので、10回目で実際に使ったお金の合計は「1,024ドル」でしたが、これが延々続くことを考えてみてください。用意する軍資金がある程度なければ、途中で軍資金切れとなり、100%負けることになります。

そう考えると、バカラでマーチンゲール法を使うのはかなり危険といえば危険ですね。なのに、なぜマーチンゲール法は攻略法といわれるのでしょうか?

それは、テクニックがあるからです。次にマーチンゲール法で勝つ方法をご紹介したいと思います。

マーチンゲール法で勝つための注意点とテクニック

バカラでマーチンゲール法を使うのはリスクがあることはシミュレーションでお分かりになると思います。しかし、ある注意点を守れば勝つことができます。

勝つための注意点やテクニックは次の3つです。

勝つためのテクニック

  • ミニマムベットを小額にする
  • プレイヤーまたはバンカーが数回連勝してから賭ける
  • シミュレーションをする

ミニマムベットを小額にする

ミニマムベットを小さくするメリットは「ゲームを長く続けることができる」ことです。

マーチンゲール法は、負けている限りひたすら賭け金を2倍にして賭け続けなければなりませんが、いったいいつ勝つのかは分かりませんよね。そのため長期戦になることを考えてある程度まとまった軍資金が必要になります。

最初から賭ける金額を大きくすると、2倍になるごとにどんどん賭け金がふくらんで、軍資金をすべて使い果たして終わる可能性があります。

賭け金を小さくするといっても、本場のカジノでもオンラインカジノでもバカラをする時のミニマムベット(最低賭け金)は決まっています。また、オンラインカジノによってミニマムベットは異なります。

例えば、オンラインカジノ別のバカラのミニマムベットをざっくりご紹介すると、

  • ベラジョンカジノ:1ドル
  • インターカジノ:1ドル
  • カジ旅:0.1ドル

など。

1ドルでマーチンゲール法を使うのと、0.1ドルでマーチンゲール法を使うのでは、賭ける回数が10倍に増えますので、その分だけ「長くゲームを続ける=勝つ」ことができます。

プレイヤーまたはバンカーが数回連勝してから賭ける

この方法のポイント:
バカラでマーチンゲール法を使う時の利益は「最初に賭けるお金」にかかっている
ことです。これを頭において、次からの説明を読んでみてください。

この方法のやり方は、プレイヤーまたはバンカーが2回~3回連勝してから賭けます。
例えば、

  • 1回目「プレイヤー勝利」
  • 2回目「バンカー勝利」
  • 3回目「プレイヤー勝利」

この場合、どちらかの連勝ではありませんので賭けません。

  • 1回目「プレイヤー勝利」
  • 2回目「プレイヤー勝利」
  • 3回目「プレイヤー勝利」

この場合、プレイヤーが3連勝しましたので、4回目からプレイヤーに賭けます。つまり、3回スルーしているわけです。

3回スルーしたあと、最初に賭ける金額を上げることで、利益を上げることができます。最初に賭ける金額を上げるというリスクもありますが、このリスクをとることによって利益を上げることができます。

3回スルーした後、最初に8ドル賭けた時の流れを見てみましょう。

試行回数 賭け金
(賭け金の合計)
配当 利益 負ける確率
1回 $0 $0 $0 55%
2回 $0 $0 $0 30.2%
3回 $0 $0 $0 16.6%
4回 $8
($8)
$16 $8 9.1%
5回 $16
($24)
$32 $8 5.0%
6回 $32
($56)
$64 $8 2.7%
7回 $64
($120)
$128 $8 1.5%
8回 $128
($248)
$256 $8 0.8%
9回 $256
($504)
$512 $8 0.4%
10回 $512
($1016)
$1,024 $8 0.2%

すでにご紹介した「マーチンゲール法シミュレーション 1」では、1回目から1ドル賭けた場合の流れでしたが、その際、4回目の賭け金は8ドルで、利益は1ドルでした。

しかし、3回スルーして、4回目に同じく賭け金8ドルからスタートした場合、この時点ですでに利益に7ドルの差が出ています。

1回目から1ドルでスタートして賭け続けた場合

  • 4回目の賭け金:8ドル
  • 4回目の配当:16ドル
  • 4回目の利益:1ドル
試行回数 賭け金
(賭け金の合計)
配当 利益 負ける確率
(勝率)
1回 $1
($1)
$2 $1 55%
(45%)
2回 $2
($3)
$4 $1 30.2%
(69.8%)
3回 $4
($7)
$8 $1 16.6%
(83.4%)
4回 $8
($15)
$16 $1 9.1%
(90.9%)

3回スルーして4回目に8ドルからスタートした場合

  • 4回目の賭け金:8ドル
  • 4回目の配当:16ドル
  • 4回目の利益:8ドル
試行回数 賭け金
(賭け金の合計)
配当 利益 負ける確率
1回 $0 $0 $0 55%
2回 $0 $0 $0 30.2%
3回 $0 $0 $0 16.6%
4回 $8
($8)
$16 $8 9.1%

次は、3回スルーして、4回目から賭けをスタートした場合の、負ける確率をみてみましょう。

シミュレーション内容

  • 4回目に1ドルからスタート
  • 8ドルスタートした時の、10回目の賭け金512ドルになるまで賭ける
試行回数 賭け金
(賭け金の合計)
配当 利益 負ける確率
1回 $0 $0 $0 55%
2回 $0 $0 $0 30.2%
3回 $0 $0 $0 16.6%
4回 $1
($1)
$2 $1 9.1%
5回 $2
($3)
$4 $1 5.0%
6回 $4
($7)
$8 $1 2.7%
7回 $8
($15)
$16 $1 1.5%
8回 $16
($31)
$32 $1 0.8%
9回 $32
($63)
$64 $1 0.4%
10回 $64
($127)
$128 $1 0.2%
11回
(8回)
$128
($255)
$256 $1 0.1%
12回
(9回)
$256
($511)
$512 $1 0.07%
13回
(10回)
$512
($1023)
$1,024 $1 0.04%

512ドルになる時には、負ける確率は0.04%になり大きく変化しました。

最初に賭けるタイミングや賭ける金額を上げることで、「収益を上げる・勝率を上げる」ことを狙ったテクニックです。

シミュレーションをする

バカラはプレーする回数が多ければ多いほど勝率はアップしますが、マーチンゲール法を使うタイミングや最初の賭け金を上げる方法を理解して慣れてくると、勝つ確率も上がってきます。
ただし、しっかり使いこなすには、自分の軍資金でどこまで賭けることができるかをシミュレーションし、最初の賭け金やタイミングを決めましょう。

資金の上限を決めてから遊びましょう!

バカラでマーチンゲール法を使うときは、軍資金があればあるほど有利です。そのため、連敗が続くとあせってしまい、負けを取り戻そうと賭け続けて気がついたら一銭もなくなっていたということがありがちです。

バカラでマーチンゲール法を使ってみたい方は、まずはオンラインカジノでスタート額を少なくして練習してみましょう。

もし、大きく利益を上げたい方はある程度の資金を賭ける必要がありますが、オンラインカジノによって、賭け金の上限が決まっていますので、自分にあった上限金額は、各オンラインカジノで確認しましょう。

Visited 3 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました