逆ダランベール法の正しい使い方!連勝して効果を発揮する必勝法! | WIKICASI

攻略情報

逆ダランベール法はその名の通りダランベール法とは真逆な手法ですが、勝っているときも負けているときもお金の動きが穏やかで負け金が膨大に膨らむといった危険はありません。今回は逆ダランベール法の賭け方をご説明したいと思います。逆ダランベール法の使い方はとってもシンプルですので初心者の方も参考にしてみてください。

逆ダランベール法の正しい使い方

逆ダランベール法はダランベール法同様「ルーレット」「ブラックジャック」「バカラ」などに使われる必勝法です。

逆ダランベール法はダランベール法と真逆の手法で、使い方はとてもシンプル。「ゲームに負けたときは1減らす」「ゲームに勝ったときは1増やす」という戦術です。

逆ダランベール法のポイント

  • ゲームに負けた時:賭け金を1減らす(前のベット額-1)
  • ゲームに勝った場合:賭け金を 1増やす(前のベット額+1)
  • ゲームの最初の賭け:1
  • ゲームの賭け金:勝敗によって賭ける金額も増減する

逆ダランベール法のシミュレーション

逆ダランベール法で勝ち続けた場合

ゲーム数 勝敗 賭け金 累計
1回目 1ドル 1ドル
2回目 2ドル 3ドル
3回目 3ドル 6ドル
4回目 4ドル 10ドル
5回目 5ドル 15ドル
6回目 6ドル 21ドル
7回目 7ドル 28ドル
8回目 8ドル 36ドル
9回目 9ドル 45ドル
10回目 10ドル 55ドル

○=勝ち ×=負け

連勝で賭け金を増やしていきますので勝ち金は大きくなってきます。

 逆ダランベール法で連勝の合間に負けが入る場合

ゲーム数 勝敗 賭け金 累計
1回目 1ドル 1ドル
2回目 2ドル 3ドル
3回目 3ドル 6ドル
4回目 4ドル 10ドル
5回目 5ドル 15ドル
6回目 × -6ドル 9ドル
7回目 × -5ドル 4ドル
8回目 4ドル 8ドル
9回目 5ドル 13ドル
10回目 6ドル 19ドル

○=勝ち ×=負け

5回目まで連勝で賭け金を増やしていますので、6回・7回で負けが入っても勝ち続けると勝ち金が増えています。

このように、逆ダランベール法は勝ち続けた場合に効果を発揮し、勝敗が交互に繰り返されますと効果が得られない戦術です。勝ち続けている場合、その連勝の合間に負けが入っても利益獲得の可能性があります。

逆ダランベール法は連勝が続いている時(勝率が50%以上の時)の勝負に使用するのが無難です。

逆ダランベール法の特徴

  • 連勝している時に多く賭けて勝ち金を増やしていく手法
  • 連勝していないと効果がない
  • 勝率が50%を超える場合は賭け金が増えていくので勝ち金も大きくなる。
  • 勝率が50%を下回ると負ける回数が多いほど勝ち金が小さくなる
  • 逆ダランベール法は勝っている時も負けている時も収支の変化が穏やか(例えば逆マーチンゲール法より変化が緩い)
  • 短期勝負ではなく長期勝負に向いている
  • 大きな儲けを出したい人より長くゲームを楽しみたい人に向いている

逆ダランベール法のメリット・デメリット

メリット

逆ダランベール法は勝っている時も負けている時も収支の増減が穏やかです。連勝の時に効果を発揮する戦術ですので、連敗が続けば効果はありません。但し収支の流れが穏やかですので一気に大負けすることはなく、場合によっては連敗後の連勝数によっては取り戻すことができます。

デメリット

連勝していないと効果を発揮しませんので、連敗を交互に繰り返すようなゲームでは使えません。また、連勝してもさほど大勝ちすることはありません。

逆ダランベール法の注意点

賭け金が0の場合

賭け金が0になった場合は、勝負はいったんやめます。賭け金を1に戻してプレーを続けましょう。また、連勝していない時に逆ダランベール法を使うのは向いていませんので使うタイミングや条件に注意しましょう。

勝負の上限を設ける

勝負の上限を設けて賭けた場合、上限に達した時点でやめる・やめないの判断ができます。逆ダランベール法で勝負の条件を設けずにプレーした場合の破綻率は99%以上と言われているので注意しましょう。

逆ダランベール法とダランベール法の戦術の違い

ダランベール法の使い方

ダランベール法は逆ダランベール法とは真逆で、「ゲームに負けたときは1増やす」「ゲームに勝ったときは1減らす」という戦術です。

ダランベール法は、連敗している場合、連敗で膨らんだ負け金を少しずつ回収しながらプラスマイナス0に戻し、さらに利益をだすことができる必勝法です。

ダランベール法を使うのはゲームの前半に連敗が来ている流れになった場合に効果が発揮されます。ゲームの開始直後から連勝が続き、後半に連敗が来る流れはダランベール法には不利になりますので注意しましょう。また、ダランベール法は長期戦の必勝法ですのである程度資金に余裕が必要です。

ダランベール法は逆ダランベール法と同じく勝ち負けが交互の場合は効果を発揮しません。また、連勝数や連敗数に大きな差がある場合も効果はありません。(例えば、3勝7敗や、8勝2敗などのように極端な差がある場合は効果なし)

特徴は逆ダランベール法とほとんど同じです。

  • 勝っている時も負けている時も収支の変化が穏やか
  • 短期勝負ではなく長期勝負に向いている
  • ノーリスク・ローリターン
  • 大きく稼ぎたい人よりゲームを長く楽しみたい人に向いている
  • 勝率が50%を超えないと効果がない
  • 長期戦なのである程度資金に余裕が必要

ダランベール法のシミュレーション

連敗から連勝が続いた場合(1単位1ドル)

ゲーム数 勝敗 賭け金 累計
1回目 × 1 -1
2回目 × 2 -3
3回目 × 3 -6
4回目 × 4 -10
5回目 × 5 -15
6回目 6 -9
7回目 5 -4
8回目 4 0
9回目 3 3
10回目 2 5

5連敗で-15ドルの負け金が、最後には5ドルの利益を上げています。このように連敗している時にダランベール法を使うことで効果が発揮されます。

では、連勝している時にダランベール法を使うとどうなるかを見てみましょう。

連勝から連敗が続いた場合(1単位1ドル)

ゲーム数 勝敗 賭け金 累計
1回目 1 1
2回目 1 2
3回目 1 3
4回目 1 4
5回目 1 5
6回目 × 1 4
7回目 × 2 2
8回目 × 3 -1
9回目 × 4 -5
10回目 × 5 -10

ダランベール法は賭け金を「勝ったときは1減らす」「負けたときは1増やす」戦略ですので、ゲームの後半に連敗が来るとこのゲームのように最後はマイナスになりますので注意が必要です。

逆ダランベール法とダランベール法のシミュレーションで分かるように、逆ダランベール法とダランベール法の大きな違いは、ゲーム前半の勝敗状況で向き不向きが分かれることです。

逆ダランベール法とダランベール法の違い

  • 逆ダランベール法はゲーム前半に連勝が続いているときの勝負に向いている
  • ダランベール法はゲーム前半に連敗が続いているときの勝負にむいている

ダランベール法も逆ダランベール法も連勝や連敗を前提とした必勝法ですが、ダランベール法の場合、連敗が続き賭け金や負け金が大きく膨らんでしまった場合は回収が難しくなりますので、連敗数が多いようでしたら使用するのはやめましょう。

ダランベール法・逆ダンベール法が使えるゲーム

バカラ

バカラはゲームの王道と言われるカードゲームで、プレイヤーとバンカーに配られるカードの数字が「9に近いのはどちらか」を賭けるわかりやすいゲームです。ルールは、配られたカードの合計数の一桁の数字が9に近い方が勝ちになります。

バカラができるお勧めオンラインカジノ

バカラを試したい方におすすめなのは「ベラジョンカジノ」というオンラインカジノサイトです。

ベラジョンカジノはバカラの種類が豊富なため、その中から自分にあったバカラを見つけて楽しむことができます。日本語のサポートも充実していて、初心者も安心して始めることがことができます。

今なら初回登録者にボーナス特典があるのもポイントの一つ。ベラジョンカジノの登録はこちらから。

ブラックジャック

ブラックジャックはバカラに並ぶ人気のカードゲームです。カードの合計数が21を超えない範囲でプレイヤーがディーラーよりも高い点数を出すゲームです。ルールがシンプルでわかりやすいので、初心者はブラックジャックから始めると良いでしょう。

ブラックジャックができるお勧めオンラインカジノ

オンラインカジノでブラックジャックをするなら、まずは「パイザカジノ」でスタートするのがおすすめです。

パイザカジノは他のオンラインカジノに比べ、ブラックジャックのテーブル数がかなり多いことで有名です。もちろん日本語にも対応していて、日本人でも気軽にプレイすることができます。

パイザカジノへの登録はこちらから。

ルーレット

ルーレットはオンラインカジノでとても人気のあるゲームのひとつです。ホイールの中にディーラーが球を投げ入れ、その球がどこに落ちるかを賭けるゲームです。賭けるのは色・数字・グループです。

ルーレットができるお勧めオンラインカジノ

ルーレットを楽しみたいなら人気急上昇中の「ライブカジノハウス」がおすすめです。

その名の通りライブ(リアルタイム)で本物のディーラーを相手にギャンブルを楽しめるサイトです。ルーレットも本物を使用していて臨場感は抜群。せっかくオンラインカジノを楽しむなら一度は試してみたいサイトです。

ライブカジノハウスへの登録はこちらから。

まとめ

 ダランベール法を考えたのはフランスの数学者ジャン・ル・ロン・ダランベールでその名前を取って「ダランベール法」と呼ばれています。

ダランベール法はローリスク・ローリターンですので負け金は少ない分勝利金も多くはありませんが、じっくりゲームを長く楽しみたい人はぜひ使ってみてください。長期戦になりますので、資金はある程度余裕をもって準備しておきましょう。

Visited 13 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました