スートとは?カジノでの役割からトランプの歴史・由来まで | WIKICASI

オンラインカジノ初心者ガイド

カードに描かれた絵柄のことをスート(Suit)またはスーツ(Suits)と言います。そのスートは季節を表しているとか、星座からといった説もありますが、黒と赤に分かれている理由や、なぜ52枚なのか?など、スートの意味や由来の他にも様々な謎があり、それを想像してみるだけで、楽しさが倍増します。普段何気なく手に取って遊んでいたカードの見方が変わります!

スートとは?

スート(Suit)とは、カジノにおいてはカードに描かれたマークのことを指します。スートは4種類あり、スーツとも言われています。

4種類のスート

  • スペード
  • ハート
  • ダイヤ
  • クラブ

カジノでは、

  • spades(スペーズ)
  • hearts(ハーツ)
  • diamonds(ダイアモンズ)
  • clubs(クラブス)

と呼んでいます。

これら各スートにそれぞれ「A」から「K」までの13種類の数字があり、それに4種類のスート全てを合わせて52枚を1セットとしています。

ポーカーではスートに強弱がある

一般的にスートに強弱は無いのですが、カジノのポーカーでは稀に強弱が必要になる場合があります。その場合は「スペード」「ハート」「ダイヤ」「クラブ」の順に強い扱いになります。ポーカーで同じ役を持った人が何人かいる場合、最終的にスートの順位の高いほうを勝ちとします。

また、スートが直接得点に影響する場合もあります。例えば数字は関係なく、スートが一種類に揃った状態のことをフラッシュ(Flush)といい高得点につながります。例えば以下のようにハートが5つそろった場合がフラッシュ(Flush)です。

テキサスホールデムポーカーではカードの組み合わせをスートを使って表現します。自身のハンドが、「AのハートとKのハート」という組み合わせだった場合は、AKsと表し、それを「エースキングスート」といい、「エーキンスート」と発音します。

反対に「AのハートとKのクラブ」だった場合は、AKoと表し、「エースキングオフスート」「エーキンオフスート」と発音します。

その他のスートの強さが必要なゲーム

他にもにスートの強弱の順位を決めている「コントラクトブリッジ」というゲームがあります。「クラブ < ダイヤ < ハート < スペード」の順に強いです。

「ファイブハンドレッド」や「プレフェランス」というゲームでは「スペード < クラブ < ダイヤ < ハート」の順。

中国の多くのゲームでは「ダイヤ < クラブ < ハート < スペード」の順。みんな強弱はばらばらですね。

スートのルーツ

スートのルーツですが、これもたくさんの諸説があり、最も有力な説が王侯貴族の剣を表す「スペード」、聖職者の杯を表す「ハート」、商人の貨幣を表す「ダイヤ」、農民のこん棒を表す「クラブ」を表現したものであると言われています。

4種類のスートはそれぞれに意味を持ち、季節や星座を表しているという説もあります。また、赤い色のスートは太陽の出ている時間「昼」を表し、黒い色のスートは、太陽が沈んでいる時間である「夜」を表しているとも言われています。

王侯貴族の剣を表す「スペード」 意味は死、季節は冬、星座は風の星座
聖職者の杯を表す「ハート」 意味は愛、季節は秋、星座は水の星座
商人の貨幣を表す「ダイヤ」 意味はお金、季節は夏、星座は地の星座
農民のこん棒を表す「クラブ」 意味は知識、季節は春、星座は火の星座

いまだにどれが正解かは断定できませんが、スートの意味や由来の他にも、なぜ52枚なのか?など、スート以外でも様々な謎があり、ますます興味がわきますね。

スートと画像の人物の顔について面白い豆知識があります。スートの「J(ジャック)」「Q(クィーン)」「K(キング)」をよくご覧ください。画像のように一人ひとり向きが違ったり、微妙に仕草が違ったりしている事に気づいていましたか?

カードゲームをしている人ですら、意外と気が付かずに見過ごしているのではないでしょうか。今からその意味をお話していきますが、ここから先は上の画像を見るかお手持ちのカード(トランプ)を見ながらのほうがわかりやすいかもしれません。

カードのスートに描かれている顔の向き、ひとつひとつには意味があります。また、それぞれにモデルになった人物がいます。

「スペード」の顔

王侯貴族の剣を表していると言われている「スペード」。占いに興味のある方なら分かるかと思いますが、スペードは意味合いがあまり良くなくて、「死」とか「破滅」を意味するカードと言われてます。
なので、「死ぬのは嫌だ」と言わんばかりに、若い王子のジャック(Jack)は真横に顔をそむけるほど、嫌悪感を示しています。女王のクィーン(Qeen)も、王様のキング(King)も、スペードからそっぽを向いて見ないようにしています。

「ハート」の顔

聖職者の杯を表しているといわれている「ハート」。ハートは「愛の象徴」です。それを意味するハートのほうを、全員が見ています。特に若い王子のジャック(Jack)は、愛を意味するハートの方向に大きく顔を向け、深い興味を示していることを表しています。顔が半分見えない程横向きになっているのがそうです。王様のキング(King)も、持っている剣を頭の後ろに隠してまでハートを見つめています。しかもハートのKing (王様) だけヒゲがありません。

「ダイヤ」の顔

商人の貨幣を表していると言われている「ダイヤ」。ダイヤは、「お金」や「富」を意味するカードなので、全員が全員、ダイヤの方を見つめています。これも面白い事に王様のキング(King)だけが真剣に見つめていて、しかもダイヤに向かって 手まで伸ばしているのがわかります。なんて人間味のある人たちなのでしょう。

「クラブ」の顔

農民のこん棒を表していると言われている「クラブ」。クラブは、「知識」を意味するカードなので、若い王子のジャック(Jack)は勉強嫌いなのかうんざりしているように見受けられます。

女王のクィーン(Qeen)は頭の良い人が好みなのか、はたまた王様のキング(King)は知識も大事だと思っているからか、クラブの方を向いています。

王様のキング(King)、女王のクィーン(Qeen)、若い王子のジャック(Jack)だけではなく、他のカードにも微妙に仕草や向きが違うのもあります。カードでゲームや占いをする時には、ぜひスートに注目してみて下さいね。

スペードのAが大きい理由

スペードのAのデザインはなぜ大きいサイズなのでしょうか。17世紀頃のイギリスにはトランプ税というものがありました。この税金を徴収するために、「スペードのA」だけは政府が印刷したものを製造業者に売っていたのです。カードの偽造を防ぐために、政府は大きくて複雑なデザインを「スペードのA」に施したのがその理由です。

そして現在に至ってもこのスペードのA一枚だけは、過去を引きずって大きいままになっているのです。

トランプカードが52枚の理由とは

カードが1年間を表してると伝えられているのはご存じですか?スート(Suit)のハート・ダイヤ・スペード・クラブはそれぞれが四季を示していて、カードが52枚あるのは1年が52週であることから成り立っています。

この52枚の数を合計すると52枚×7週=364になり、これにジョーカーを足すと365(一年の日数)になります。

ジョーカーは二枚ありますが、あとの一枚であるエキストラジョーカーがあるのは、一年が366日の年 「閏年」があるからなのでしょうか。

ちなみにKing (王様) Qeen(女王)Jack(王子)は、それぞれ実在の人物がモデルになっていると言われています。そうやって考えると、カードのスートって、とても奥が深いですね。

スートの由来は面白い

海外へ出向いてカジノでプレーしたり、オンラインのライブカジノでテーブルゲームをする方にとって、英語で表現されているカジノ用語は頭を悩ますことのひとつでしょう。スートも「前もって知っていると役に立つカジノ用語」のひとつです。カジノゲームで頻繁に出てくる英語のギャンブル用語とフレーズを、あらかじめ理解できていれば、今以上に自信をもってプレーに臨むことができますよね。

Visited 1 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました