オンラインカジノを副業にする方法!コンスタントに稼ぐ秘訣

113535005 オンラインカジノ初心者ガイド

オンラインカジノを副業に考えたことはありませんか?実はオンラインカジノを副業にしている人たちがいます。つまり自分もオンラインカジノを副業にすることができるということです。オンラインカジノはスマホが一台あれば、24時間好きな時に好きなだけ稼ぐことができます。今回はオンラインカジノを副業にする方法やポイントなどをご紹介したいと思います。

オンラインカジノは副業になるの?

256534112

オンラインカジノは副業にできるのか?オンラインカジノで遊んでいる方や興味がある方なら誰もが考えたことがあるのではないでしょうか。実はオンラインカジノを副業にしている人たちがいますので、可能です。

オンラインカジノでゲームをして勝った場合は勝利金がもらえます。この勝利金が収入となり、オンラインカジノが副業となるわけですが、オンラインカジノを副業とする魅力のひとつは24時間自分の好きな時に好きな場所で自由に稼げることです。

オンラインカジノはネットですので、パソコンだけでなくスマホで遊ぶことができますので気軽に始めることができます。スマホ一台あればどこにいても稼ぐことができるということです。通勤と帰宅時の電車の中、お昼休み、友人と待ち合わせた待ち時間、外食、在宅、入浴、寝る前のベットの中など…いつどこで稼ぐかは自由です。

では、実際にはどのくらいオンラインカジノで稼ぐことができるのでしょうか?オンラインカジノを副業にするために必要なことや稼げるポイントを次からご紹介したいと思います。

オンラインカジノを副業にして稼ぐ方法

177013688

オンラインカジノを副業とするには、毎月コンスタントに儲けを出さなくてはいけませんよね。オンラインカジノを副業にする方法と稼ぐためのポイントをご紹介します。

オンラインカジノをビジネスや投資だと考える

オンラインカジノは確かにギャンブルですが、副業にするためにはビジネスや投資と考えましょう。ビジネスや投資だと思うことで冷静な判断を持てるようになれます。遊びだと思うと賭け方を間違えたり、熱くなりすぎて予算がパンクしてしまうこともありますので注意しましょう。

自分にあったゲームをする

仕事も生活も自分が望まないことを続けているとストレスが溜まってきますよね。それと同じに、配当が高いからといって、自分に合わない・好きではないゲームをすることで自然とストレスが溜まってきます。

好きなゲームで負けたときと好きではないゲームで負けたときではストレス度は違います。「今回負けても次回勝てばいい」と思えるのは自分にあったゲームのほうです。

控除率を把握する

排除率=カジノ側の利益

控除率とはカジノ側が利益として得る割合のことです。たとえば、カジノで10万円の売上げがあるとして、カジノ側がとる「控除率」が5%の場合、カジノ側の利益は5,000円となり、プレイヤーは95,000円となります。(100,000円-5,000=95,000円)

オンラインカジノの控除率は実際のカジノより低く、2%~5%ほどです。控除率が低ければ自分の取り分が多くなるので得した気分になりますが、実はこれが控除率の落とし穴なんです。

大数の法則との関わり

数学的な話になりますが、控除率は「大数の法則」と関係があります。「大数の法則」とは、「おなじことを続けて、同じ結果が出る確率は回数が多ければ多いほど近づく」ことです。

たとえば、コインを投げて表が出る確率は2分の1ですよね?コインを4回投げて、そのうち2回表がでるとは限りません。でも、コインを投げれば投げるほど、表が出る確率は2分の1に近づいていきます。これが「大数の法則」です。

数をこなすと負けるシステム

カジノではゲームごとに控除率が決められています。ゲームを続ければ続けるほどプレイヤーがカジノ側に払う手数料は控除率に近づき、最終的には負けるようになっています。つまり、オンラインカジノで確実に勝つには「少ない回数で儲けを出す」ことが基本です。

勝負の引き際を覚える

オンラインカジノを副業とするなら、どうしても勝ちにこだわると思います。それは当然のことです。でも、勝つことばかりを考えると、負けている場合、取り戻そうと必死になって気がついたら大赤字ということになりかねません。

たとえば、現時点で1万円負けている場合、次にベットして勝てば2倍のお金を手にいれることができるが、負けたら全額没収されるという場合、つい2倍に賭けてしまうかもしれません。でも配当が高ければ高いほど負ける確率も高いことを忘れないでください。勝ちだけに走って冷静な計算ができなければ全額没収の危険も十分ありえます。

オンラインカジノの副業には一か八かの勝負は必要ありません。大きなリスクを受ける可能性がある場合は、引き際だと考えて、「プラマイゼロ」か負けを最小限でとどめて「今週中に取り戻そう」という冷静な引き際が大切です。

勝ち逃げをする

引き際を覚えることと似ていますが、勝ち逃げのパターンも覚えておきましょう。勝ち逃げというといいイメージはありませんが、「大数の法則」を考えると、回数が増えるのは不利になりますので、回数を考えて勝ちを大きくしようと欲を出さずに、さっさとゲームを終わりましょう。

無駄なプレーをしない

勝った後、ついつい「今日は大勝ちしたからこれもちょっとやってみよう」と他のゲームにチャレンジするのはやめましょう。それは無駄なプレーです。負けたあとのメンタルも大切ですが、勝った後のメンタルも重要です。勝つのは簡単ではないことを忘れないでください。

オンラインカジノで副業をする注意点

79540603

一時所得として税金がかかる

オンラインカジノで稼いだお金が1年間で50万円を超えると所得とみなされて「一時所得」として税金がかかります。所得税を納めなければ脱税したことになり未納、虚偽の申告、申告漏れとなり、期限に間に合わなかった場合、重加算税(無申告加算税)や延滞税がかかります。

「あれ?パチンコや競馬は税金はかからないよね?」と気がつく人もいるかもしれませんが、本来なら国内の公営ギャンブルのパチンコ・競馬・競艇・競輪にも税金がかかりますが、実際には税金を支払う人はいないのではないでしょうか。

ではなぜオンラインカジノだけ税金がかかるのか?それは賞金の受け取り方が違うからです。パチンコや競馬など日本の公営ギャンブルはその場で現金で支払われますよね。名前や住所を申請してからもらうわけではありませんので、誰がいくらもらったのかは税務署も分かりませんので、見逃すしかないのが現状です。

でも、オンラインカジノの場合は稼いだお金の流れが銀行やクレジットカードの記録に残りますので、税務署もしっかり把握できるため税金を支払う必要があります。どうせバレないだろうと甘くみないでください。実際に60万円の税金を納めなかった場合、延滞税と重加算税を合わせて約2,300,000円くらいかかる可能性もありますので注意しましょう。

副業禁止の会社の場合

副業を禁止にしている会社もあります。オンラインカジノで稼げば副業扱いになりますので申請方法に注意しましょう。

オンラインカジノはグレーゾーン

オンラインカジノはグレーゾーンということを理解してから始めましょう。オンラインカジノでプレーして稼ぐことは、違法でも合法でもない「グレーゾーン」です。日本ではまだオンラインカジノに関する法律が決まっていないからです。極端な言い方をするとオンラインカジノが違法だという法律が無ければプレーしても裁けないということになります。

また、過去に初めてオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたことがありましたが、裁判で戦うはずが、戦わずして不起訴を勝ち取りましたので、ある意味オンラインカジノは違法では無いとも言えます。このあたりを頭にいれて稼ぎましょう。

まとめ:オンラインカジノで遊びならがお金を稼ごう

246297332

遊びが副業になってお金が稼げるなんてホントに魅力ですよね。でも高収入を狙って目標を高く持ちすぎるのは危険ですので注意しましょう。たとえ負けていても無理な勝負はせずに「今日はこのくらいの負けで終わることにしよう」というきれない引き際を身に着けるのがオンラインカジノを副業にするための必須事項ですね。