モンテカルロ法とは!使い方と計算法式をシミュレーションで解説!

オンラインカジノでルーレットをする男性 攻略情報

モンテカルロ法とはカジノゲームにおいて攻略法のひとつです。色々な方法があるカジノの攻略法の中でも、モンテカルロ法はリスクが少なく損失を徐々に取り戻すことができると言われています。噂の範疇ですが、モンテカルロ法でカジノがひとつ潰れてしまったという噂もある有名な攻略法です。数列を書きながら計算してベットする額を決めていくので、少し複雑な方法に思えますが、1度覚えてしまえばそんなにむずかしくありません。

モンテカルロ法とは

123の場合

モンテカルロ法とは、カジノゲームの攻略法のひとつで、ルーレット(赤黒または奇数偶数)、バカラ、ブラックジャックなどに使います。

モンテカルロ法は時間をかけてコツコツ利益を出すことを目的にしています。

モンテカルロ法の基本ルール

決まった法則で数列を書き、そこから導き出した額を次の勝負でベットする攻略法です。

法則や数列というとなんだか難しいように聞こえますが、基本さえ分かれば初心者にもできます。

モンテカルロ法の基本ルール

  • ルール1:「数列の両端にある数字の合計値」がベット額になります。
  • ルール2:数列は「1・2・3」からスタートします。※1回目のベット額は「4」になります。(1+3=4)
  • ルール3:2回目以降の数列は、勝ち負けで異なります。

  • 負けた場合は、前回のベット額の数値を数列の右端に追加する
  • 勝った場合は、数列の両端2個ずつ削除する

このあと、モンテカルロ法を使ったゲームのシミュレーションで詳しくご説明します。

モンテカルロ法は配当が3倍のゲームが向いている

モンテカルロ法は、色々なカジノのゲームの中でも配当が3倍のゲームでよく使われるので、ルーレットのタズンベットやカラムベットにベットする時に有効な攻略法となります。

2倍の配当のゲームでもモンテカルロ法を使うことはできますが、一定の条件が揃っていないと損失分を取り戻せないということになってしまいます。

モンテカルロ法は、賭け金を倍にしてゲームを進める攻略法のマーチンゲール法とは違い、ゲーム進行状況に応じて比較的賭け金の使用量が緩やかなので、実践しやすい攻略法です。

モンテカルロ法は記録を紙に書いて計算する

モンテカルロ法は計算をしながらベット額を決めていきますので、紙とペンを使って記録するとわかりやすいでしょう。

本場のカジノの場合はメモすることは禁止されていますが、オンラインカジノの場合は自由に記録が取れます。オンラインカジノはインターネットを通してゲームをしていますので、あなたがメモをとっていることはカジノ側からは見えません。

モンテカルロ法の使い方

ペンとノート

モンテカルロ法の使い方は少し複雑なので、紙とペンを用意してシミュレーションしましょう。

モンテカルロ法のシミュレーション

1回目: 最初のベット額

まず初めに、紙に1・2・3と書いて両端の「1」と「3」を足した「4」を単位としてベット額の基準を決めます。

123の場合は4

2回目:負けた場合(連敗1)

勝負に負けたら1・2・3の数列に前回のベット額基準の「4」を追加します。数列は1・2・3・4になるので、その両端の「1」と「4」を足した「5」が次のベット額の基準となります。

1234の場合は5

3回目:負けた場合(連敗2)

さらに負けてしまった場合は、1・2・3・4の数列に前回のベット額基準の「5」を追加します。数列は1・2・3・4・5となるので、その両端の「1」と「5」を足した「6」がベット額の基準になります。

12345の場合6

4回目:負けた場合(連敗3)

さらに負けてしまった場合は、1・2・3・4・5の数列に前回のベット額基準の「6」を追加します。数列は1・2・3・4・5・6となるので、その両端の「1」と「6」を足した「7」がベット額の基準になります。

123456の場合は7

5回目:負けた場合(連敗4)

さらに負けが続いてしまった場合は、1・2・3・4・5・6の数列に前回のベット額基準の「7」を追加します。数列は1・2・3・4・5・6・7となるので、その両端の「1」と「7」を足した「8」がベット額の基準になります。

1234567の場合は8

6回目: 勝った場合

2倍の配当のゲームをして勝った場合と、3倍の配当のゲームをして勝った場合では、両端から削除する個数が異なります。

2倍ゲームの場合

2倍ゲームの場合

2倍の配当のゲームをして勝った場合は、両端の数字を消します。消して残った数字の数列の両端を足した数字を次のゲームのベット額の基準とします。

3倍ゲームの場合

3倍ゲームの場合

3倍の配当のゲームをして勝った場合は両端から2個ずつ数字を消します。消して残った数字の数列の両端を足した数字を次のゲームのベット額の基準とします。

7回目:勝った場合

2倍ゲームの場合

2倍の場合

2倍の配当のゲームをして勝った場合は、両端の数字を消します。消して残った数字の数列の両端を足した数字を次のゲームのベット額の基準とします。

3倍ゲームの場合

3倍ゲームの場合

3倍の配当のゲームをして勝った場合は、両端から2個ずつ数字を消します。
消して残った数字の数列の両端を足した数字を次のゲームのベット額の基準とします。

両端の数字が無くなった場合

勝ち続けた場合、数列の両端の数字が無くなる、または残る数字が1つになることがあります。その場合はまた最初の数列から始めます。

123の場合は4

モンテカルロ法が有効なゲーム

ルーレット

モンテカルロ法は3倍配当のゲームが最も効果的ですが、2倍配当のゲームでも活用することができます。

2倍配当のゲーム

  • ルーレットの赤・黒や奇数・偶数や (1-18)・(19-36)
  • ブラックジャック
  • バカラ

3倍配当のゲーム

  • ルーレットのダズンやカラム

ルーレットの中でも「00」が含まれるアメリカンタイプのルーレットよりもヨーロピアンタイプの方が確率的に良いとされています。

モンテカルロ法の注意点

222725649

注意点①:3倍の配当のゲームが良い

モンテカルロ法は、配当が3倍のゲームをする場合はワンセット終了するときに必ず利益を得ることができますが、配当が2倍のゲームをする場合は、少なくとも2連勝して終わらないと利益が得ることができません。

実践する場合は、2倍の配当のゲームでモンテカルロ法を活用するよりも、3倍の配当のゲームでモンテカルロ法を活用するようにしましょう。

注意点②:ズルズル負けてしまうことも

モンテカルロ法は、マーチンゲール法やココモ法(※1)のように1回の勝利でそれまでの全ての投資分を取り戻せる攻略法ではなく、複数回勝つことで投資分を取り戻すといった方法なので、負けが続いてしまうと資金が底をついてしまうことがあります。

1度勝ってから5連敗して、また勝って6連敗などを繰り返すことになってしまうと投資分を取り戻すことは困難になっていまいます。

※1)モンテカルロ法は時間をかけて利益を出すことを目的にしていますが、反対に短時間で利益を出すことを目的にしている攻略法がマーチンゲール法やココモ法です。

※マーチンゲール法は「負けた時にベット額を倍にする」という攻略法で、連敗が続かずに勝って終われば必ず儲かる攻略法です。連敗してしまうと損失額も高額になります。配当が2倍のゲームでよく活用されます。

※ココモ法は「1回の勝ちでそれまでの損失を取り戻すことができる」という攻略法で、連敗すると損失額が高額になる攻略法です。配当が3倍のゲームでよく活用されます。

オンラインカジノに向いている?

112279217

モンテカルロ法は、オンラインカジノで遊ぶ場合に向いている攻略方法と言えます。

実際のカジノで遊ぶ場合は、紙とペンを持ってメモする行為は不正行為とみなされるので禁止されています。数列をメモしながら行う攻略法なので、頭の中でイメージして計算することは簡単ではありません。

オンラインカジノでしたら、たとえメモをしていても運営側にはわかりません。
ゆっくり時間をかけてメモしながら計算できるので、モンテカルロ法はオンラインカジノに向いていると言えます。

モンテカルロ法に向いている人

ルーレットの上で悩む人形

モンテカルロ法は、他の攻略法と比較して金額がドンと増えることがありませんが、リスクが低めでコツコツと稼ぐ人に向いています。

連敗が続いてしまうと数列による数字が増えてしまうので、どんな攻略法を使う場合でも1セット成立させるだけの資金が必要になります。

どこで止めるかを運で決めるのではなく、機械的に1セットが終わるまでとなるので、長い時間をかけてコツコツ稼いでゲームで遊びたいという人がこの攻略法に向いていると言えます。

最後に

103978607

モンテカルロ法は、ゲームに負けてしまっても次のゲームでの賭け金の増え方はゆるやかなので、多くの資金を投入することなくゲームを楽しむことができます。

3倍配当のゲームでは、1セットを数回得るだけでそれなりの利益を得ることができるので、短時間で勝負を決めるよりも、少し長い時間勝負することを楽しむ投資法です。

理論的に考えるよりもオンラインカジノで実践してみましょう。