ブラックジャックの簡単なルールと遊び方

BLACK JACK ゲームの種類と遊び方

世界中で最もプレイされているカジノゲームの一つで、日本でもとてもポピュラーなので既にご存知の方も多いカードゲームです。ブラックジャックとは「カードの合計数を『21』を超えない範囲で『21』もしくは『21』に近づけるというシンプルな勝負です。ディーラー対プレーヤーとの対決で、駆け引きや場の流れを読む等、とても奥深いゲームと言えます。

ブラックジャックのルール

ブラックジャック

カードの数え方

「2~10」はそのまま数えます。「J、Q、K」の絵柄カードは全て「10」と数えます。「A」”エース”は「1」か「11」として数えられますので任意にカウントできます。「Joker」はありません。

基本用語

ゲームをする上で、基本的な用語を覚えておきましょう。

ハンド(Hand)

持ち手、カードの合計数

ヒット(Hit)

カードを1枚引く

スタンド、ステイ(Stand、Stay)

カードを引かない

バスト(Bust、Busted)

カードの合計が「22」以上。(ブタともいう)

ブラックジャック(BlackJack)

最初に配られた2枚のカードが「A」+「10、J、Q、K」の組合せで”ナチュラル21”とも呼ばれています。

アップカード(Up Card)

ディーラー自身に初めに配られる2枚のカードの内1枚をプレイヤー全員に見えるよう表におくカード。見えていないカードを”ホールカード(Hole Card)”と呼びます。

ゲームの流れ

女性ディーラと男性プレイヤー

はじめに、掛け金を決めて所定の場所へチップを置く(ベットする)ことからゲームスタートです。ディーラー自身とプレイヤー全員にカードが2枚ずつ配られます。

このときディーラーの2枚の内1枚のカードは表にしておきます(アップカード)。プレイヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的なハンドを予想してヒット、またはスタンド(ステイ)を選択して最終的な自分の手(ハンド)を作ります。

そして最終的にディーラーよりも「21」に近く、かつバストしてしまわないようにします。

ゲームの勝敗

カジノとブラックジャック

勝ち

手元のカードの合計が「21」に近いハンド(役)を作れば勝ちとなり配当をもらえます。
ブラックジャックの目的は「ディーラーに勝つ」ことなので、ディーラーよりも「21」に近いハンドを作ることが勝利へと繋がります。

負け

カードの合計が「21」を超えてしまうとバスト(ブタ)となり負けが確定されます。

引き分け(プッシュ)

プレイヤー(あなた)とディーラー双方がブラックジャック、もしくは「21」以下の範囲で同点の場合

双方がバストの場合

ディーラーとプレイヤー双方がバスト「22」を超えた場合、ディーラーの勝ちとなります。

配当について

ブラックジャックで勝った場合(最初のカードがA+(10、J、Q、K))は1.5倍の配当、ディーラーよりも21に近い場合は1倍の配当、引き分け(プッシュ)の場合(双方がブラックジャック、もしくは「21」以下の範囲で同点)掛け金はそのまま戻ってきます。

ブラックジャックの必勝法・コツ

大勝した人

伏せているカード(ホールカード)や次に引くカードはすべて「10」と予想するのが基本の考え方です。「10」は10,J、Q、Kと全部で16枚あり、全カードの30%になります。

つまり約3枚に1枚は「10」を引く計算になります。同じように伏せてあるカードも10の可能性が他のカードに比べて高いということです。1番確率が高い「10」で予想し、流れを組み立てる事が長い目で見た勝ちにつながる事になります。

12は16よりも強い

ディーラーは「17」以上になるまでカードを引き続けるため、最後の手が「16」以下はありません。必ず「17」以上かバースト(21を超えてしまう)のどちらかになります。

プレイヤーの手が「16」以下であれば、みな同じであると言えます。「12」が強いと言えるのは、ヒットしたときにバーストになる確率が30%、「16」は60%と確率が低いため強いと言えるのです。

持ち手が12以上でディーラーUPカードが6以下の場合はスタンドする

ディーラーのUPカードが「6」以下の場合、ディーラーがバーストしやすくなります(Aは除く)そしてプレイヤーの手が12以上の場合「10」を引くとバーストの確率が高くなるため、スタンドするのが正しいということです。

ディーラーのUPカードが7以上(Aを含む)の場合、17以上で勝負する

ディーラーのUPカードが「7」以上の場合、ホールカードを「10」と仮定すると「17」になり、バーストしないため、プレイヤーは「17」以上で勝負しないと勝てません。

手が9、10、11の場合、ディーラーを見てダブルダウンを考える

ダブルダウンとは、次の1枚だけを引くという宣言をする事で、チップを倍にできますが、1枚だけしか引くことができません。タイミングは、ディーラーのUPカードが「A」を除いた「6」以下の場合に限ります。

AとA、8と8のときはスプリット、5と5、10と10のときはスプリットしない

スプリットは、プレイヤーに最初に配られたカードが同じ数だった場合に、それぞれを別々に分けて、さらにカードをもらい、独立した2つの手として扱うことができます。

  • 「A」と「A」は次に10を引く可能性を考えるとスプリットが有利です。
  • 「8」と「8」は合計で16となり次に10を引いてしまうとバーストのためスプリットする事で有利になる。
  • 「5」と「5」は合計で10となるので、次に10を引けば20なのでスプリットしないほうがよいです。
  • 「10」と「10」は合計20なのでスプリットの必要がありません。

11以下は無条件でヒットする

「10」以上のカードは「A」を除いて存在しないので、手が「11」以下のときはヒットしても絶対にバーストしないということです。

ソフト17以下はディーラーの手を見てヒットする

「A」を11と数えた場合の17のことをソフト17といいます。「A」と「6」の組合せがこれにあたります。

プレイヤーの手が「ソフト17」以下の時、ディーラーのアップカードが6以下はスタンドし、「7」以上であればヒットする。ディーラーのアップカードが「7」以上の場合は勝負となります。ヒットするか迷うところですが、確率論ではヒットした方が有利です。

インシュランスは基本的には使わない方が得

インシュランスはディーラーのアップカードが「A」の場合に使う事ができます。ディーラーがブラックジャックになった時のために、保険をかけることです。ゲームに賭けている半額を保険料として賭けられます。

ディーラーがブラックジャックになるかを予想して保険をかけるのですが、ホールカードが「10」の確率は13分の4(30%)の確率なので、ディーラーがブラックジャックの場合も、配当が2対1のため、プレイヤー側に不利な条件となるため、使わないほうが得となります。

まとめ

BLACK JACK

ブラックジャックの目的は、あなたがディーラーに勝つこと!です。ブラックジャックの正しいルールを知ると、身近なトランプゲームの延長で、とても「簡単」だと気づきます。

そして正しいルールと戦略を知ることであなたをしっかりと守ってくれて、カジノで勝率を上げる手段にもなります。ブラックジャックのルールや遊び方を理解して、ぜひ楽しんでみてください。