カジノでVIPになる方法!お金の条件と様々な豪華待遇 | WIKICASI

オンラインカジノ初心者ガイド

VIPという言葉はもともと”最重要人物”という意味ですが、カジノにとっての最重要人物といえば「たくさんお金を賭ける人」いわゆるハイローラーです。どんな人がVIPになれるのか、自分から申請するのか、不思議ですよね。VIPの華やかな世界にいる花形プレーヤーたちは、カジノで遊ぶ人たちの憧れの的です。普通の人がこのようなハイローラーになる夢を持ってカジノでプレーするというのも、楽しみ方のひとつになっているんですよ。

カジノのVIPとは

VIPとは「very important person」の略で、みなさんがご存知のとおり、最重要人物、特別待遇を要する人、特権階級のことを言い表す時に使います。

「カジノのVIP」いわゆるカジノにとって最重要人物といえば、普通では考えられないような大金を賭けるハイローラーのことです。

VIP達がカジノの売上に大きく貢献している

カジノのVIP一人当たりが使う金額は、一般客の数百人~数千人分に相当すると言われていますので、カジノの売り上げの約80%がVIPによるものということになります。そのため、カジノ側からすれば、大金を賭けるハイローラーであるVIPは最も重要な顧客となります。

カジノは人種、性別、年齢、職業、収入などに関係なく、世界中の多くの観光客が利用できる一大エンターテインメント施設ですが、頻繁にカジノを利用するVIP客と、一般観光客との間には大きな待遇の違いがあるので、ある意味人を差別する場所でもあります。

それもそのはず、カジノも企業のひとつですので、カジノ側にお金を落としてくれるお客さんを、一人でも多く獲得したいと思うのは当然のこと。
カジノ売上の約80%をハイローラーがもたらしていると言われるだけに、富裕層であるVIPなお客さんには、普通の一般客と大きく異なるサービスや対応をとり、継続して通っていただけるように配慮しています。その為、カジノで楽しく遊んでもらえるように至れり尽くせりの環境を提供します。

VIP客へのカジノの対応や特典

世界では客のランクに合わせて、サービスの質が変わるということは当然のこととして行われています。日本国内のような、お金を多く払う人も少なく払う人も平等に扱うというサービスではなく、お金を多く払う人は、それだけ充実したサービスを受けることができるのが当たり前、という考えでいるので、VIPは思う存分、高待遇を受けることができるのです。

VIPランクによってそのサービスの内容は変わります。

  • VIP待遇1:ホテル宿泊代や航空券代はホテル側で全て手配し、無料で提供してくれます。大口のVIPには最高級のスイートルームやチャーター便を手配することもあるようです。
  • VIP待遇2:カジノホテルでの高級レストラン・ビュッフェなどの飲食代も無料です。
  • VIP待遇3:長く滞在しているVIP客には観光地に同行して案内をしてくれます。

VIP専用のエリアも用意されている

世界の名の知れたカジノでは、フロアが「一般客エリア」「ハイリミットエリア」「VIPエリア」の3つに分かれています。

VIPエリアは一般のカジノフロアとは差別化されていて、フロア別ではなく上層部の階に設けられていることが多く、そこにはセキュリティが立っているため一般客が立ち入ることはできません。

ゲームの賭け金がいくらかによって、そのエリアが区切られているのですが、1プレイ毎にかかる最低賭け金の「ミニマムベット」と最大賭け金の「マキシマムベット」それぞれの設定に違いがあります。

一般客は$5程度からプレイできるのに対し、VIPルームでは一般的に1プレイ毎に$5,000が必要です。カジノ側の判断によって設定に差はありますが、VIP一人当たりのベット総額は数百万以上、チップの一枚一枚が100万円以上ということも珍しくありません。VIPの滞在中の総額は数千万~数億円にもなります。

ちなみにラスベガスではVIPの条件として、ベット総額が最低1,000万円からがボーダーとなっており、それをクリアできる富裕層のお客様こそが「VIP」と言えます。

カジノでVIPになるには

257420103

では、どうしたらカジノVIPになれるのでしょうか?誰が決めるのでしょうか?

カジノへ預け金を入れる必要がある

カジノでVIPになるためには、カジノ側の銀行へ巨額な資金を預け金として預けなければいけません。ほとんどのカジノは会員制となっており、カジノ内に併設されている銀行にお金を預けるとカード(会員カード)が発行されます。

預金すればいいだけなので、誰でも会員になることは可能なのですが、「VIP会員」になるにはカジノ施設毎に決められた預金額を満す必要があります。

下記の金額はあくまでも 最低ラインの話であって、これだけでは一番下のVIPクラスとしての扱いになることが多いようです。

  • マカオ:約280~480万円
  • シンガポール:約180~900万円
  • フィリピン:約160万円

ちなみにVIPランクの上位クラスのさらにその上には、最高レベルの「ウェール」と呼ばれる最上級クラスが存在しています。「ウェール」の1プレイ毎の賭け金は1,000万円以上になるとも言われています。

カジノでたくさんお金を使う

カジノ側も、よくお客さんを観察しています。至る所にあるカメラでお客様の動きを慎重に観察していて、羽振りの良いお客さんには、カジノ側からいろんなオファーを持って、ジリジリとアプローチしてくるのだとか。

大口の顧客をカジノに紹介し、接待する業者のことを「ジャンケット」と呼びますが、彼らはカジノのVIP客になる人の旅先の各種支払や、宿泊先の手配などの雑用を引き受けてくれるマネージャーのような役割をしています。カジノホストであるジャンケットと繋がるということは、VIP待遇でもてなされているということになります。

「カジノ内の銀行に巨額のお金を預ける」ことと「カジノゲームで遊びまくる」の2つを満たす富裕層が「ジャンケット」と繋がることになるのです。

どんな世界でも、ハイクラスな人たちの社会は「紹介」で形成されているので、カジノももちろんそうでした。しかし最近は、そうした「紹介」がなくても、基本的にはカジノのキャッシャーにデポジット(預金)する額の大きさによってVIPのクラスランクが決まります。どれだけデポジットしているかがVIPになるための「資格」といってもいいでしょう。

カジノのVIPのシステム

世界中から観光客が訪れるマカオの「サンズカジノ」を例にあげると、まずVIP会員になるための条件のひとつに、約320万円(HKD20万)をカジノ内の銀行にデポジットする必要があります。

デポジットをすることでVIPカードを手にすることができます。VIPカードはこの部屋に入るためのパスポートの様なもので、このカードを持っていないとVIPルームに入ることができない仕組みになっています。複数のvipカードを持つことはマカオのカジノではそれだけで大きなステータスになります。

他の主要カジノでの預け金は、

  • マカオカジノ:約320万~480万円。
  • シンガポールカジノ:約180万~900万円。
  • フィリピンカジノ:160万円前後がVIP客のミニマム預金額に設定されています。
  • ラスベガスカジノや韓国カジノ:基準額がありません。

VIP気分を味わいたい方にはこんな朗報があります。

その日のVIPエリアの状況によってなのですが、VIPのなかでは比較的簡素なフロアで、デポジットに応じたレストランなどの無料券のVIP的コンプサービスで、遊ぶことができるので、意外と簡単にVIP体験ができます。

同様に、VIPエリア入室許可サービスとして、VIPメンバーの紹介があればVIPメンバー同伴者とともに、その日一日に限り、VIPエリアで遊ぶことが許されるというサービスもあります。

オンラインカジノのVIPのシステム

ここまでは本場カジノのVIPについてお伝えしてきましたが、実はオンラインカジノでもVIP制度があるのをご存じでしたか?

本場カジノVIPのように、交通費や宿泊代、そしてレストラン代無料という特典はありませんが、ボーナスポイント獲得など、カジノゲームがより楽しめる特典がたくさんあります。今では本場カジノのハイローラー達も、こぞってオンラインカジノで遊ぶ時代となってきています。

そもそもオンラインカジノとは?

インターネットを使って遊ぶカジノのことです。ネット環境が世界的に普及し始めた1990年代なかば頃からオンラインカジノの歴史は始まりました。

当初は動きの鈍いゲーム画面でしたが、技術の発達により、最近では高画質ライブ映像で本場の臨場感を、そのまま体感できるカジノゲームを楽しめるようになりました。

オンラインカジノ最大の魅力といえば、いつでもどこでもギャンブルができることにつきます。かつては時間とお金をかけて、海外のカジノへ行かなければ遊べませんでしたが、オンラインカジノはネット環境さえあれば24時間365日遊べるわけです。

それに加え、最近はスマホ専用アプリを使ったオンラインカジノも増えているので、いつでもどこでも手軽にギャンブルが楽しめるようになりました。

その他にも、リアルマネーを賭け、勝つことが出来ればお金を増やせるので、日本でも1億円超えの賞金を手にしたプレイヤーも出現しているようです。

このように他ギャンブルとは比べものにならないレベルでの一攫千金の夢が、オンラインカジノにはあります。賭け金の総額の中から胴元がプレイヤーに払い戻す金額の割合を還元率と言いますが、その還元率が本場カジノと同等であり、高ければそれだけお金が返ってくる可能性が高いのも人気の理由です。

オンラインカジノのシステムは安全?

結論から言うと、日本の法律ではオンラインカジノは「グレーゾーン」の中にあります。日本の賭博に関する法律においては、オンラインカジノのような、海外で運営されているギャンブルに対しては明確な規定が設けられていません。ですので、法律的にはセーフともアウトとも言い切れないのが現状のようです。

過去、オンラインカジノ利用者が逮捕された事件もいくつかありましたが、いずれの事件でも利用者は不起訴処分となりました。やはり法律的に明確な規定がないからでしょう。実際問題、日本のオンラインカジノ利用者は増加中です。日本語によるサポートスタッフがついているオンラインカジノもあるので、事実上政府から黙認されていると考えていいのかもしれませんね。

VIPだけにしかわからない世界がある

どのオンラインカジノにもVIPプログラムがあり、ハイローラーにはカジノ側から連絡がくるようです。オンラインカジノはランドカジノと違い、カジノ側がプレイヤーを観察するのは不可能です。全てはコンピューターにより記録されているデーターに基づいて、プレイ期間・頻度・入金額の累計が一定のラインを越えるとVIPなれるんです。オンラインカジノならVIPの道は開けそうですね。

Visited 1 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました